明智光秀の解説 - 小学館 大辞泉

[1528ころ~1582]安土桃山時代の武将。織田信長に仕え、近江 (おうみ) 坂本城主。天正10年(1582)京都の本能寺に主君信長を襲って自害させたが、まもなく山崎で羽柴秀吉に敗れ、敗走の途中で農民に殺された。→本能寺の変 (へん) 
鷲尾雨工による歴史小説。昭和13年(1938)刊行。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース