• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉田精一の著作。小説・詩歌・戯曲などさまざまな切り口から明治から大正にかけての日本文学史を論じる。昭和16年(1941)武蔵野書院より刊行。昭和32年(1957)刊行の山田書院版では「近代日本文学史明治大正篇」と改題。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉