• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

明鏡止水の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

邪念がなく、澄み切って落ち着いた心の形容。▽「明鏡」は一点の曇りもない鏡のこと。「止水」は止まって、静かにたたえている水のこと。「鏡」は「けい」とも読む。
出典
『荘子そうじ』徳充符とくじゅうふ
句例
明鏡止水の心境
用例
ただただ一切の思慮を捨ててしまって妄想や邪念が、霊智をくもらすことのないようにしておくばかりだ。すなわちいわゆる明鏡止水のように、心を磨き澄ましておくばかりだ。<勝海舟・氷川清話>
類語
虚心坦懐きょしんたんかい 風光霽月ふうこうせいげつ
対義語
意馬心猿いばしんえん

明鏡止水の解説 - 学研 四字辞典熟語

何のわだかまりもなく、清らかで澄みきった心境のこと。
注記
「明鏡」は、澄んでいて曇りのない鏡で、「めいけい」とも読む。「止水」は、止まっているように見えるほど静かな水。
出典
『荘子そうじ』徳充符とくじゅうふ
類語
虚心坦懐きょしんたんかい 光風霽月こうふうせいげつ 晴雲秋月せいうんしゅうげつ
対義語
意馬心猿いばしんえん

明鏡止水の解説 - 小学館 大辞泉

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」