• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 暗いこと。暗黒。また、おろかであること。

    1. 「恰も大風の砂を捲き石を飛して四海の内―となりたる有様なり」〈田口日本開化小史

  1. 意識がなく、外部からの刺激に反応はするが、すぐまた深い眠りに入ってしまう状態。