• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

易往易行の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

往生が容易で、そのための修行も容易であること。念仏の道をいう。また、浄土門のこと。行いやすい平易な修行で、極楽往生できるという教え。▽「往」は極楽往生すること。「行」は修行すること。浄土宗の他力本願の教え。阿弥陀如来あみだにょらいにすがって、「南無阿弥陀仏なむあみだぶつ」と唱えれば、極楽往生できると説くもの。
句例
易往易行の道
類語
易往易修いおういしゅう 易行易修いぎょういしゅう
対義語
難行苦行なんぎょうくぎょう

易往易行の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。極楽浄土に往生しやすく、またそのための修行もしやすい念仏のこと。浄土教をいう。