• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「礼記」檀弓上の、曽子が死に臨んで、季孫から賜った大夫用の簀 (すのこ) を、身分不相応のものとして粗末なものに易 (か) えたという故事から》学徳の高い人の死、または、死に際をいう語。