• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

新日本音楽の一。箏 (そう) ・尺八二重奏曲。昭和4年(1929)宮城道雄が歌会始 (うたかいはじめ) の勅題「海辺巌 (かいへんのいわお) 」にちなんで作曲。春の海ののどかな情景を描写した標題音楽で、宮城の代表作とされる。