• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

蘇軾「春夜」から》花は香り、月はおぼろな春の夜の一時は、まことに趣が深く、千金にも換えがたい。