• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神霊が宿るとされた春日神社榊 (さかき) 。平安末期から室町時代にかけて、興福寺大衆 (だいしゅ) が朝廷の処置などに不満があるときに、春日神社の神人とともにこれを担いで京都に強訴するのが例であった。これを神木入洛 (しんぼくじゅらく) という。