• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

春樹暮雲の解説 - 小学館 大辞泉

杜甫「春日憶李白」に「渭北春天の樹、江東日暮の雲」とあり、長安(渭北)に住まう杜甫が、はるか遠く揚子江付近(江東)を旅する友人李白を思ったところから》遠く離れている友を思う心の切実なことを表す語。暮雲春樹。渭樹江雲 (いじゅこううん) 。「春樹暮雲の情」