• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

黒柳召波の俳諧集。召波の没後、遺稿を子の維駒 (これこま) がまとめたもの。安永6年(1777)、蕪村による序が書かれた。