【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

《室町時代ごろまでは「はるかすみ」》

[名]春の霞。 春》洛陽朝餉 (あさげ) 過ぎたり—/蓼太
[枕]同音の繰り返し、また、霞のかかっている状態から、「春日 (かすが) 」「立つ」「井上 (ゐのへ) 」などにかかる。
    1. 「—春日の里の植ゑ小水葱 (こなぎ) 」〈・四〇七〉

    2. 「—井の上ゆ直 (ただ) に道はあれど」〈・一二五六〉

[季語]の言葉

[春]の季語

[天文]の季語

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。