• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「はるこま」とも》

  1. 張り子や練り物で馬の頭の形に作ったものに竹をさして胴とし、その端に車をつけた玩具。子供がこれにまたがって遊ぶ。

  1. 門付け芸の一。正月に各戸を回り、馬の首の形をしたものを持ったり、また、これにまたがったりして歌い踊るもの。また、その芸人。民俗芸能として新潟県佐渡地方・山梨県甲州市一之瀬などに伝承されている。 新年》

  1. 春、野辺に放ち飼いにした馬。

    1. 「立ち放れ沢辺になるる―はおのが影をや友と見るらむ」〈後拾遺・春上〉