• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

是生滅法の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

生命のあるものは、いつかは必ず滅びて死に至るということ。▽仏教語。この世のすべてのものは、常にとどまることなく移り変わり、生きているものは必ず死ぬという考え方。
出典
『涅槃経ねはんぎょう
句例
是生滅法の定め
類語
生者必滅しょうじゃひつめつ 諸行無常しょぎょうむじょう

是生滅法の解説 - 小学館 大辞泉

「涅槃経 (ねはんぎょう) 」にある諸行無常偈 (げ) の一句。あらゆるものは常住不変でなく、生滅するのが真理であるということ。