• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

是非曲直の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物事の善悪・正不正のこと。▽正しいこと(是)と、正しくないこと(非)、曲がっていること(曲)と、まっすぐなこと(直)の四つを詰めて一語としたもの。
出典
『論衡ろんこう』説日せつじつ
句例
是非曲直を論じる
用例
僧形になる前に、仏道を修行し、仏典を解し、是非曲直を弁わきまえたうえで、<辻邦生・西行花伝>
類語
是非善悪ぜひぜんあく 理非曲直りひきょくちょく

是非曲直の解説 - 学研 四字熟語辞典

物事の正邪、善いことと悪いこと、正しいことと不正なこと。道理にかなっていることと外れていること、正しいことと間違っていること。
注記
「是非」は、道理にかなっていることと外れていること。善いことと悪いこと。「曲直」は、曲がっていることと真っ直ぐであること。不正なことと正しいこと。
出典
『論衡ろんこう』説日せつじつ
類語
理非曲直りひきょくちょく