• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いつという定まった時もない。いつも。年がら年じゅう。

「いたづらに雲ゐる山の松の葉の―・き五月雨の空」〈玉葉集・夏〉