• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、宮中の清涼殿殿上 (てんじょう) の間 (ま) の小庭に立てて、時刻を示した札。時刻ごとに雑事に当たる内豎 (ないじゅ) が立て替えた。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉