• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

田山花袋の長編小説。大正5年(1916)刊。明治維新から大正初期の約半世紀の時代の移り変わりを背景に、平凡な男の半生を淡々と描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉