• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

石川啄木の評論。副題は「強権、純粋自然主義の最後および明日の考察」。明治43年(1910)、同年発表された魚住折蘆 (うおずみせつろ) の「自己主張の思想としての自然主義」への反論として執筆、社会主義への関心を綴る。「朝日新聞」のために書かれたものだが当時は掲載されず、著者の没後に発表された。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉