• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

時期をわきまえない。四季の区別もなく、年じゅう変化がない。

「―◦ぬ山は富士の嶺 (ね) いつとてか鹿 (か) の子まだらに雪のふるらむ」〈伊勢・九〉

  1. 時期・季節を選ばないこと。また、そのような植物、キンセンカトキナシダイコンなどの別名。

  1. (秋の漁獲期に外れていることから)春から夏にかけて、北海道沿岸で獲れる若いサケ。脂がのっていて美味とされる。時鮭。→秋味鮭児