• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古典落語。蕎麦の代金16文を時刻をたずねながら1文ごまかした人を見て、ある男が真似をするが、逆に多く数えて4文損をしてしまう話。

[補説]上方落語では「時うどん」の名で演じられる。