• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

測定器や観察装置などで、物理量や観察対象の変化を捉える最短の時間間隔。また、その時間変化を識別できる能力。

[補説]時間分解能が低い測定器の場合、光や音による二つの信号が短い時間間隔で発せられると、一つの信号として検知してしまうが、時間分解能が高い測定器の場合、二つの信号を別個に検知することができる。