• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

他人の権威によりかかって得意になること。

[補説]史記」管晏伝による。晏嬰の御者 (ぎょしゃ) が、宰相の馬車の御者であることを得意にしていたのを、その妻が恥じて離縁を求めた。御者は大いに恥じて精励し、晏嬰に認められて、大夫に出世したという故事から。