• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

晏子之御の解説 - 学研 四字辞典熟語

他人の権威を笠にきて得意がり、自らの低い地位に満足している小人物のたとえ。
注記
「晏子」は、中国春秋時代の斉せいの宰相晏嬰あんえい。「御」は、御者のこと。
故事
宰相晏嬰の御者は、主人を馬車に乗せていることが得意で満足していたが、妻にたしなめられて発奮したという。
出典
『史記しき』晏嬰あんえい

キーワード[いばる]の四字熟語

キーワード[得意]の四字熟語