• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎌倉時代の仏教書。1巻。道元著。安貞元年(1227)作。座禅こそ仏道の正門であると、その実践を強調したもの。道元がから帰国して最初に書いたもので、日本曹洞宗の根底をなす書物。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉