• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 夜明け前に起きること。

    1. 「置く霜の―を思はずは君が夜殿 (よどの) に夜離 (よが) れせましや」〈後撰・恋五〉

  1. 夜明け前に起きて勤行 (ごんぎょう) すること。

    1. 「―の袖の上、山路の露もしげくして」〈平家・灌頂〉