• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

暖衣飽食の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

衣食に何の不足もない生活のこと。ぜいたくな生活をすること。▽「暖衣」は暖かい衣服、「飽食」は十分な食料のこと。「暖」は「煖」とも書く。「飽食暖衣ほうしょくだんい」ともいう。
出典
『孟子もうし』滕文公とうぶんこう
句例
暖衣飽食の生活、暖衣飽食している現代人
用例
最もはなはだしく、自由を奪われていたので、暖衣飽食は、これを見ながらにして、一部のものの独占にゆだねたのである。<舟橋聖一・悉皆屋康吉>
類語
金衣玉食きんいぎょくしょく 錦衣玉食きんいぎょくしょく 豊衣足食ほういそくしょく
対義語
悪衣悪食あくいあくしょく 節衣縮食せついしゅくしょく 粗衣粗食そいそしょく
活用形
〈―スル〉

暖衣飽食の解説 - 学研 四字辞典熟語

暖かい衣服と十分な食糧があって、苦労のないぜいたくな生活をすること。
注記
「飽食暖衣ほうしょくだんい」ともいう。
表記
「暖」は、「煖」とも書く。
出典
『荀子じゅんし』栄辱えいじょく
類語
錦衣玉食きんいぎょくしょく 侈衣美食しいびしょく
対義語
粗衣粗食そいそしょく 悪意悪食あくいあくしょく

暖衣飽食の解説 - 小学館 大辞泉

暖かい着物を着て、飽きるほど食べること。十分に恵まれた生活をいう。

[暮らしぶりを表す/贅沢・ごちそう/贅沢]カテゴリの四字熟語

キーワード[衣服]の四字熟語

キーワード[食事]の四字熟語

キーワード[贅沢]の四字熟語