• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

正体が知れず、気味が悪いたとえ。暗がりの鬼。

「この人は、表向き軽うして内証の強き事、―・ぐがごとく」〈浮・永代蔵・四〉