[動マ五(四)]
  1. 暗くなる。

    1. 「刻一刻と―・んで行くなかに」〈里見弴・今年竹〉

  1. (「目がくらむ」の形で)

    1. ㋐強い光を受けて、一時的に目が見えなくなる。「照明に目が―・む」

    2. ㋑過度の刺激を受けたり、疲労から、目が回る。めまいがする。「目も―・むような断崖」「高熱で目が―・む」

    3. ㋒ある物事に心を奪われて、よしあしの判断ができなくなる。「金に目が―・む」

[動マ下二]暗くする。また、くらます。隠す。
    1. 「その郎等を召すに、跡を―・めて失せぬ」〈著聞集・一六〉

出典:青空文庫