• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ハ四]悲しみのために心がふさいで思案に迷う。心がくらんで迷う。
  • 「―・ふ心の闇も堪へがたき片はしをだに」〈・桐壺〉