• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

暗中模索の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

手がかりのないまま、あれこれとやってみること。暗闇くらやみの中で、手探りをして求める意から。▽「模」は「摸」とも書く。
出典
『隋唐嘉話ずいとうかわ』中
句例
暗中模索して新製品を作る、暗中模索の状態
用例
依頼心というでもなく、ふと暗中模索する気もちが、ぼくを闇夜へ追い出していたのである。<吉川英治・忘れ残りの記>
類語
五里霧中ごりむちゅう
活用形
〈―スル〉

暗中模索の解説 - 学研 四字辞典熟語

手がかりもないことをあれこれやってみたり、探し求めたりすること。暗闇の中で手探りで物を探すような、不確かな作業の意。
注記
もとは「摸索」と書いた。
出典
『隋唐嘉話ずいとうかわ』中
用例
とりあえず手近な翻訳から始めて、暗中模索的に文学によって飯を食う方法を講じようとしてみた。〈辻潤・ふもれすく〉
類語
五里霧中ごりむちゅう

暗中模索の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)
  1. 暗やみの中で、手さぐりしてあれこれ探し求めること。

  1. 手掛かりのないまま、いろいろなことを試みること。「打開策を暗中模索する」