• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

顕微鏡で、試料に斜めから光を当て、その散乱光を観察する方法。対物レンズに他の光が入らないため、試料の背景は暗く見える。染色などの処理を必要とせず、生物試料を生きたまま観察することができる。暗視野観察法。暗視野検鏡。→明視野法

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉