1. 盗賊などの怪しい者。「―が忍び込む」

  1. ひと癖あって、したたかな人物。「ああみえて彼はなかなかの―だ」「―ぞろい」

  1. 表面には現れていない何かがありそうで、油断できないこと。「話のうますぎるところが―だ」

  1. 普通とは違った人物。なみなみでない人。

    1. 「光盛こそ奇異の―組んで討って候へ」〈平家・七〉

出典:青空文庫