• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 南北朝時代から室町時代に流行した芸能。鼓に合わせて謡いつつ、扇を持って舞ったもの。白拍子舞が母体といわれ、その音曲は謡曲に入って曲 (くせ) となった。

  1. 幸若舞のこと。室町中期以降、幸若舞が特に隆盛となり、曲舞を代表するようになったのでいう。

  1. 能の金剛喜多流で、蘭曲 (らんぎょく) のこと。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉