• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「夢渓筆談」雑誌二から》文書を校合 (きょうごう) する作業は、塵を払ってもまたすぐ積もるように、何度やっても完全に仕上げることは困難である。どんなに念を入れて校正をしても誤りはなくならないということ。