《中国で、昔、講学所のこと》

  1. 付 (つけ) 書院

  1. 書斎。もとは寺院の僧侶の私室をいい、室町時代以降、武家・公家の邸の居間兼書斎の称となった。

  1. 書院造りにした座敷。武家では儀式や接客に用いた。位置によって表書院奥書院、構造によって黒書院白書院などの名がある。

  1. 中国の唐代、役所に付属した書庫、また、書籍編纂所。

  1. 中国の宋代以降に発達した私立学校。

  1. 出版社。書店。

出典:gooニュース

出典:青空文庫