曽我兄弟の解説 - 小学館 大辞泉

曽我祐成 (すけなり) (十郎)・時致 (ときむね) (五郎)の兄弟。建久4年(1193)富士の裾野の狩り場で、父のあだ、工藤祐経 (くどうすけつね) を討ち、のちに謡曲・歌舞伎などの題材となった。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉