軍記物語。12巻または10巻。作者未詳。鎌倉末期あるいは室町前期の成立か。曽我兄弟の生い立ちから、富士の狩り場で父のかたきの工藤祐経 (くどうすけつね) を討つまでを描いたもの。後世の曽我物などの題材となった。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉