• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

最上徳内の解説 - 小学館 大辞泉

[1754~1836]江戸後期の探検家。出羽の人。名は常矩 (つねのり) 。本多利明に天文・測量などを学び、天明5年(1785)幕命による蝦夷 (えぞ) 地調査に随行。のち、択捉 (えとろふ) 得撫 (ウルップ) 樺太 (からふと) などを数次にわたり調査・探検。著「蝦夷草紙」「度量衡説統」、シーボルトとの共編「アイノ語辞典」などがある。

[地理/地理の人物]カテゴリの言葉