[名・形動ナリ]最もすぐれていること。また、そのさま。
    1. 「丈六の弥陀如来、光明―にして第一無比なり」〈栄花・玉の台〉

最勝王経」の略。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉