• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いくつかの観測値をもとに、想定される関数を用いて近似するとき、誤差の2乗の和を最小にすることにより、最も確からしい関数を求める方法。