【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。
  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

萩原朔太郎の第1詩集。大正6年(1917)刊。近代人の精神的孤独や憂鬱 (ゆううつ) を鋭い感受性をもって表現し、音楽的な口語自由詩の美しさを完成させた。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉