• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

連歌・連句で、一巻 (ひとまき) のうち、月の句を詠みこむ箇所。歌仙では、初表 (しょおもて) の5句目、初裏の8句目、名残の表の11句目の3か所。百韻では、初表の7句目、初裏の10句目、二の表・三の表の13句目、二の裏・三の裏の10句目、名残の表の13句目の7か所とされたが、その前後に詠みこむことも許された。月の座。→花 (はな) の定座

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉