• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

堀口大学の処女詩集。大正8年(1919)刊行。序文は永井荷風。作中のコロンビーヌ(ピエレット)のモデルはフランスの女性画家ローランサンで、彼女にかなわぬ恋をするピエロのモデルは堀口自身、または前年に死んだ詩人アポリネールと考えられている。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉