1. 中世から近世、毎月交替で町内または商工業の組合の事務を処理した当番。つきぎょうじ。

  1. 近世、遊郭で毎月交替する楼主の総代。

    1. 「―から札取らねば、大門が出られませぬ」〈浄・冥途の飛脚

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫