1. 月をながめて楽しむこと。特に陰暦八月十五夜(中秋の名月)、九月十三夜(後 (のち) の月)の月を観賞すること。また、その集まりや宴。 秋》「雲をりをり人を休むる―哉/芭蕉

  1. 卵を落とし入れた料理。卵黄を月に見立てていう。月見とろろ・月見饂飩 (うどん) ・月見蕎麦 (そば) など。

  1. 近世、成人の祝儀の一。女子の鬢除 (びんそ) ぎ、男子の袖止めの祝い。ふつう、16歳の6月16日に行い、その夜、月に供えた饅頭に穴をあけ、その穴から月見をした。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生活/料理]カテゴリの言葉

[秋/生活]の季語

出典:gooニュース