クマ科の哺乳類。体毛は黒く、胸の上部に三日月形の白斑がある。ヒマラヤ地方から中国・朝鮮半島・日本にかけて分布。ニホンツキノワグマはこの一亜種で、本州・四国の山地にすみ、樹洞や岩穴で冬ごもりをし、この間に雌は子を産む。かつては九州にも分布していたが、現在は絶滅したものとみなされている。

[補説]九州での最後の捕獲記録は昭和32年(1957)のものとされる。平成24年(2012)に祖母山傾山山系で日本クマネットワーク(JBN)が調査を行ったが、生息の痕跡等は発見されなかった。

[生物/動物名]カテゴリの言葉