• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[連語]

  1. あるかないか。あるかないかわからないくらい目立たないさま。「―の細かい模様」

    1. 「入り日のなかに立つけぶり―とただほのか」〈佐藤春夫・海べの恋〉

  1. 真実であるかないか。

    1. 「人の心の―は、誰か測り、誰か知る」〈樗牛滝口入道

  1. 生きているかいないか。無事かどうか。

    1. 「名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人は―と」〈伊勢・九〉