• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

世阿弥の能楽論で、能の芸を自分のものとして体得しきった境地。また、その現れた形。⇔無主風