• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代以降、毎年陰暦8月の望月のころ、諸国から献上した馬。

「あふさかの関の清水に影見えて今やひくらむ―」〈拾遺・秋〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉